マンション大規模改修 Q&A

分譲マンションの大規模改修工事に関すること、予算に関すること、管理組合の運営に関することなどをQ&A形式でご紹介いたします

大規模改修ってどんな工事をするの?
マンションの屋上(屋根)、外壁、階段、廊下、バルコニー、手すり壁などの下地補修(躯体となるコンクリートの補修)、塗装工事、防水工事などを行います。塗装工事には、鋼製建具の鉄部箇所の塗装が加わります。
大規模改修はどのくらいの周期で行えばいいの?
マンションに使用されている材料や立地環境などにより、マンションごとに異なります。一般的には10年〜12年周期が多いようです。この周期はあくまで目安として捉え、実際の実施時期については、建物調査診断を行った上で決めることを推奨します。
大規模改修の工事期間はどのくらいになりますか?
工事期間はマンションの規模で異なります。30戸前後であれば3ヶ月、50戸前後であれば5ヶ月を目安にお考えください。
大規模改修の予算はどれくらいをみておけばいいですか?
総戸数、工事内容(仕様)により異なりますが、目安として戸あたり90万円〜120万円が概算金額となります。
修繕委員会を設置したほうがよいですか?
修繕委員会の設置は、特に法律で義務付けはされておりません。しかしながら、大規模改修は専門知識を必要とするため、理事会の役員で専門知識を持つ方がいらっしゃらない場合には、居住オーナーの中から専門知識を持たれる方、積極的に活動してくださる方のご協力をいただくことが望まれます。その場合、修繕委員会の設置が必要となります。