工事管理・品質管理・安全衛生管理

社内検査を行い、工程管理と品質管理を徹底いたします。

工程管理と品質管理

安全管理体制

PDCAサイクルの実施
東洋建工では、大規模改修の工事現場において労働安全衛生法を遵守し、安全・安心な環境づくりに努めています。
具体的には、計画(P)⇒実施(D)⇒評価(C)⇒改善(A)のサイクルを確実に実行し、労働災害の潜在的な危険要因をなくし、安全衛生水準を向上させることを目指しています。
現場安全施工サイクルの実施
安全施工サイクルは、施工・作業と安全衛生を一体化することによって災害を防止するためのものであり、毎日行うこと、毎週行うこと、毎月行うことをパターン化して実施することです。
危険予知活動
毎朝作業前に全員で、危険性の情報を共有し合い、自己への危険予知をして安全を徹底します。
  • 毎日のサイクル
    • ・安全朝礼(全員)
    • ・安全ミーティング
    • ・作業開始前点検
    • ・現場管理人巡回(随時)
    • ・翌日の作業打合わせ
    • ・終了前の確認
  • 毎週のサイクル
    • ・週間安全工程打合せ
    • ・週間点検
    • ・週間一斉片付け 等
    毎月のサイクル
    • ・安全衛生協議会
    • ・定期点検、自主検査
    • ・安全衛生教育 等

スーパーゼネコン・中堅ゼネコンとの取引を通じ、安全管理体制のあり方について学び、社内の安全管理体制の強化・取り組みをt行っております。また、定期的に社内で安全大会を開催し、安全管理に対する意識の向上に努めています。

防犯対策について

  1. 1補助錠の貸し出し
    希望者には簡易錠(補助錠)の無償貸し出しを行います。
    必要な数につきましては、工事開始前に実施させていただくアンケートの用紙にご記入いただきます。
  2. 2仮設照明
    足場の影となる部分など夜間見えずらい部分にセンサーライトを設置いたします。
  3. 3腕章の着用
    東洋建工の作業員は全員腕章を着用し、作業へ従事いたします。
  4. 4仮設足場からの侵入防止策
    外部から侵入しやすい場所には、侵入防止金網フェンス、コンパネを用いて、侵入落下防止対策を行います。

居住者様への安全対策

<通勤・通学時の皆様への対応>

  1. 1通勤・通学時は皆様の通行に支障がないように十分配慮し作業を行います。
  2. 2生活同線への通行時には居住者様優先にて通行いたします。

<仮設物への対応>

  1. 1材料・ゴミなどの搬入・搬出には誘導員を配置いたします。
  2. 2お子様が仮設物に登れないよう措置いたします。

<危険区域対策>

  1. 1防護柵を設け、危険箇所への立ち入りを防止し、安全通路を確保いたします。
  2. 2居住者様に対し危険と認められたときは速やかに作業中断し、安全を確保いたします。

<工事関係車両対策>

  1. 1工事車両は、場内及び現場周辺では徐行運転をいたします。
  2. 2工事車両はステッカー等で連絡先を明確にしております。