大規模修繕工事のすべて

大規模改修/修繕工事における取組・姿勢・管理

これまで、大小の改修工事を手掛けてまいりましたが、常に隣り合わせにあるものは、住民様の生活でした。最大の特徴ともいえる、生活しながらの工事という特殊な環境で、いかに住民様にストレスの低減をしていただき、いつも通りの生活をしていただけるかを常に考えてまいりました。
どれだけ高品質で高い技術を持っていても、住民様を無視しては、よい工事と評価は得ることができません。また、住民様の声を聞かずに工事も進められません。
常に改修工事の中にあるものは、住民様で安全第一はもとより、常に「生活第一」の気持ちを持ち、最小限の御負担に抑える努力とアイデアを駆使し、工事に取り組みたいと考えております。それに伴い、住民様とよく挨拶をし、より会話を交わし、よく理解をする事を課題として上げ、住民の皆様にも気軽にお声を掛けてもらえる現場にしたいと考えております。
工事が終わり、全てが終わるだけではなく、アフターメンテナンスを通し工事竣工が全ての始まりと位置づけ、瑕疵から保証を通じて、皆様のお役にたてれば幸いと考えております。

マンションの大規模修繕工事の90%は防水工事と塗装工事が中心となります。

使う材料と施工する技術者のレベルによって、仕上がりと耐久性が決まります。コンクリートの劣化原因である雨水の浸入や空気中の炭酸ガスの進入を防ぐ防水の技術と、表面の美観を保つ仕上げ塗装の技術が融合し、初めて耐候性・耐久性に優れた建物に再生します。弊社は防水と塗装の専門工事業者であります。

より良い材料をより安く、より良い施工品質をより高く

専門施工会社としてお客様に満足していただけるよう、材料費のコスト削減、施工技術の向上に努めています。

多くの材料メーカーと弊社は直接取引し、材料を一括購入しております。

弊社は材料メーカーと直接取引をすることにより、コストを最小限に抑え、より良い品質の材料を使用し、品質の高い施工いたします。

材料・工法に関わる知識の取得、施工技能の向上に努めています。

各メーカー、加入団体の施工技術に関わる勉強会・技術研修に参加し、材料・工法に関わる知識の取得、施工技能の向上に努めています。
また、各メーカーと連携し、施工技術に関わる研究開発に取り組んでいます。

6個の重点項目

  1. 1安全管理
    工事現場内で月1回の安全パトロールを実施。不安全箇所を撲滅させていきます。
  2. 2品質管理
    工事終了まで徹底した各工種ごとの自主検査・社内検査を実施いたします。
  3. 3工程管理
    週1回の職方との工程打ち合わせから月1回の責任者工程会議を行い、状況に応じ修正を行い管理していきます。
  4. 4コミュニケーション
    大人の方からお子様まで、工事期間中十分なコミュニケーションをとりながら工事を進めてまいります。
  5. 5緊急連絡体制
    社内・社外問わず、緊急連絡体制を充実させ、不足の字体にも対応できる状況を作ってまいります。
  6. 6アフターメンテナンス
    工事保証を通じ、定期的なメンテナンスを実施し、施工が工事の終わりでなく始まりとしてアフターメンテナンスに取り組んでまいりいます。