防水ジャーナル

防水に生きる

維持管理を通して顧客のパートナーに

福岡市にある東洋建工㈱は、昭和38年に河村普剛さんの父・英雄(故人)さんが、外壁塗装および防水工事の専門工事業者として設立した。河村さんは、同59年に社長に就任し、新築工事が中心であったそれまでの営業・施工体制を、マンション改修工事に特化し、技術力・提案力をさらに磨き受注を伸ばしてきた。「改修営業では、顧客に改修の理由や防水工法を分かりやすく説明することが求められます。顧客に直接営業でき、独自の施工方法や技術を提案できるチャンスと捉えています。受注産業で気の抜けない毎日ですが、仕事の充実感はあります」。

絶対に負けない

河村さんは、小さい頃から時計を分解して組み立てたり、ラジコンを作ったりなど、ものづくりが好きだった。「中学時代には、 防水工事のアルバイトをしていました。その時は、将来は職人になろうと思っていましたね」。昭和54年に入社し、 技能員として現場を1年間経験し、その後は建設会社への営業を担当した。当時、福岡市は公営団地建設ブームであり、同社は建設会社の下請として防水・外壁吹付け工事を行っていた。「当時は、 景気が良く工事量が多かったから営業提案ではなく御用聞きでしたね。建設会社の担当者の中には、価格や工期などで無理な要求もあり、元請の横柄な態度に違和感がありました。ですから施主に直接営業できる改修工事はずっと魅力的だと思っていましたね」。バブル崩壊以降、福岡県内でも建設会社の倒産が相次ぎ新築需要が減少した。同社も大幅な売上ダウンとなった。それからは、 補修・改修工事の増加を見据え、建設会社からの受注に依存するのではなく、施主に直接営業提案し元請として受注する改修部門を強化した。「建設会社と競争になることもあり、“絶対に負けないぞ” と腹を決め改修に取り組みました。マンション管理組合の理事長を調べて、飛込み営業を行ったこともあります。また、口コミなどもあり、実績を積み重ねてきました」。今では、マンション・ビルなどの大規模修繕・改修工事で、多くの実績を持つ改修専門技術者集団に同社を育て上げた。

マンション大規模修繕工事現場事務所。
「プレゼンでは、住民に防水シートに触れてもらい、破れない等を体感してもらいました。良いモノは誰が見ても分かります」
担当者と防水改修仕様を打ち合わせ。「難しいのは、防水層の劣化状況や下地状況の判断です」

スピーディーな対応

マンション大規模修繕工事でも防水10年保証が求められる。同社では、保証できる部位・範囲を明確にし、 アフター点検を重視している。「鉄部の塗装でも10年保証をする会社がありますが、 当社では保証できない場合は、“ できない”と何事も正直に説明します」。建設会社や管理会社では、点検業務を専門工事業者に発注している。「専門工事業者への直接発注による低コスト化や技能・技術を活かしたスピーディーな点検・工事や対応を心がけています。アフター点検は、改修工事内容を把握し住民とのコミュニケーションができている工事担当者が行います。こうした当たり前のことを続けることが、顧客との信頼関係を築くうえで大切だと思っています」。

マンションの外周の安全対策・材料の保管状況を確認。

家庭第一、仕事は二番目

マンション大規模修繕工事では、現場管理者は現場に常駐するため直行直帰が多い。そのため、コミュニケーションや情報の共有化を大切にしている。「毎日、顔を合わすことは難しく、連絡はメールやグループLINEを利用しています。現場の状況やクレームがあった、工事を受注した、今度プレゼンがあるなど、対応や状況を全社員が理解し共有しています」。また、「家庭第一、 仕事は二番目」が持論である。「社員には、子供や奥さんの具合が悪い時や入学式などは、休むように勧めています。急用があれば休める体制にするためにも情報の共有化は必要です」。
同社では、 家族も参加して花火やバーベキュー大会などを実施している。人材の確保・育成を図るためにも、全社員が心も体も健康で活き活きと働ける職場環境を目指してきた。

社員旅行。「地理的に韓国や台湾旅行が安いですね」

工事と管理業務の融合

河村さんは、居住者の家族構成や高齢者向けのバリアフリー化など、顧客の立場に立ったリフォームをアドバイスできる“ 顧客のパートナー” を目指している。「建物を長く維持管理するためには、住民同士がコミュニケーションを図るアドバイスや催しの開催など、工事だけでなくソフト面も充実させていく必要性を感じています」。
これからは、工事部門だけでなく顧客のパートナーとしてマンション管理会社の機能を融合した新たなビジネス展開に力を入れていく。

工事スケジュールを確認。「受注産業ですから、来年の予測も難しい」

河村 普剛氏(かわむら・しんごう)

昭和32年11月22日、福岡県飯塚市生まれ。昭和51年東福岡高等学校卒業。東西アスファルト事業協同組合理事、九州防水改修工事協同組合理事長、全国アロンコート・アロンウオール防水工事業協同組合九州支部幹事。
家族は、妻・美喜さん。長男・英樹さん(同社・課長)、次男・省吾さん(同社・主任)の4人家族。
趣味は、ゴルフと車。
最近は、健康維持やストレス発散のためジョギングを始めた。

家族写真